経営理念

常にお客様から愛される製品作りを通じて、地域社会及び食文化に貢献すると同時に全社員の物心両面の幸福を実現する

 

 

行動指針

  1. 私たちは、お客様に対する感謝の気持ちを忘れず、常にお客様の立場で行動します。
  2. 私たちは、真に美味しく、かつ衛生面に留意した安全でよりよい商品をお届けすることで、お客様の幸せを実現します。
  3. 私たちは、全社員のベクトルを合わせるとともに、自ら考え、自ら行動する活力にあふれた企業風土を作り、仲間と地域の信頼に応えてまいります。
  4. 私たちは、社会的道徳、倫理を基準として、正しいことを正しいままに貫いてまいります。

 

 

ごあいさつ

袋をあけた瞬間のふわっと薫る香ばしさに岡虎のすべてが凝縮されています。株式会社 岡虎 代表取締役社長 貞政 芳郎

 

岡虎の竹輪は袋をあけた瞬間の薫りの良さが違う、とお客様から言われることがあります。私たちにとって最もうれしい瞬間です。

なぜならあの香ばしい薫りには、材料へのこだわり、製法へのこだわり、鮮度へのこだわり、岡虎のすべてが凝縮されているからです。

明治10年頃、鮮魚仲買と竹輪製造として「岡虎」は創業し、百有余年が経ちます。瀬戸内の海を眼前に望む防府の地で、前浜に上がる新鮮な魚を材料に蒲鉾づくりをはじめた当時から今も変わらない伝統の味には、いくつものこだわりがあります。たとえば砂糖を一切使わないこと。また、添加物を一切使わない「自然派食品」も、食の安全性を追求した新しいこだわりのひとつです。

守り続ける伝統と革新し続ける大切さを実感しながら、岡虎は次の100年へと日々進化しています。

ページのトップへ